【福岡市中央区港】長浜ラーメン。名物元祖長浜ラーメン長浜屋台 本店に行ってきた。



この記事の所要時間: 54

皆さん、おはようございます。グルメ好きの前田です。今回は、私が一蘭と同じくらい大好きなラーメンである「長浜ラーメン」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

長浜ラーメンの歴史

先月、福岡に帰省した際、福岡市中央区の那の津通り沿いにある長浜ラーメンを食べに行ってきました。

img_4554

味は変わらないですね!!

img_4555

このゴマがいいんですよ。ゴマに含まれるセサミンは体にいいんですよ!!

img_4557

約14年前、私が大濠公園周辺を新聞配達していた際、仕事終わりによく長浜ラーメンを食べに来ていました。

img_4559

大濠公園で、よくランニングしていました。懐かしいなぁ。

img_4560

長浜ラーメンですが、最低でも週に3回は行ってたと思います。その頃は、元祖長浜屋でしたが、2008年4月「元祖長浜屋」本店 閉店となりました。僕にとっては、とても思い出深い店舗でしたので残念で仕方ありません。

その後、福岡市の老舗トンコツラーメン店「元祖長浜屋」が「休業」の表示を前触れなく掲げたことが、ちょっとした騒ぎへと発展する事になります。

ファン達の間では「衝撃」を受けたようです。(実際、私も衝撃でした。)ほどなくして、再開情報が流れたのですが、6月20日になっても閉店を心配する書き込みが続き、存続を求める「署名運動」も始まります。

そんな元祖長浜屋ですが、1954年ごろに開業し、55年の魚市場移転に伴い、現在の福岡市中央区長浜地区で営業を始めています。魚市場の人が短時間の空き時間に「朝ごはん」や「おやつ」代わりとして食べるため(おやつと表現するのも何か引っかかりますが)、ゆでる時間短縮のため極細麺になったそうです。実際に、朝刊を配り終えていくと、魚市場の人たちがわんさかといました。その中に混じって、いつも早朝にラーメンをすすってる私は少し浮いていたかもしれません。

余談ですが、新聞配達の先輩と一緒に食べに行くと、先輩が毎回のように「ゴマを入れろ。ゴマに含まれるセサミンは体にいいぞ!!」と呪文の様に唱えていました。そのせいか、今でも飲食店にゴマが置いてあるとたっぷりとゴマを入れてしまいます。

話が逸れました。

そんな元祖長浜屋ですが、慣れた客たちは、店に入った直後に「カタ(堅)」や「ナマ(生)」などと好みの麺の硬さを告げます。「ベタ」などとスープのこってり度を指定する客もいるのですが、私はいつも「ベタナマ」を告げていました。一番、美味しいからです。正月以外は無休24時間営業で、「台風や大地震のときでも開いている」などと語り草になっていました。ちなみに私も「台風や大地震のときでも新聞を配っている」と誰かが語り草にしていたとかしていないとか。。。

時は流れ、

2009年12月「元祖ラーメン長浜家」開店。
2010年3月「元祖長浜屋」支店 閉店。
2010年4月「元祖長浜家」 開店。
2010年5月新「元祖長浜屋」開店。
2010年8月「元祖長浜ラーメン長浜屋台」開店。

と、もう何が何だかわかりません。店舗が密集しているので、初めて行った人は、「あっちにもこっちにも長浜ラーメンの店がある??」と混乱すると思います。

①”元祖長浜屋ラーメン”
②”元祖ラーメン長浜家”
③”元祖ラーメン長浜家”
④”名物元祖長浜ラーメン長浜屋台”
⑤”元祖博多長浜将軍”
⑥”長浜ナンバーワン”
⑦”元祖長浜ちゃんぽん”

今回、私は”名物元祖長浜ラーメン長浜屋台”に行ってきましたが、味は昔と変わっていないと感じました。昔の、ラーメン一杯400円だった頃が懐かしい。今は500円になっていました。まぁ。色々ありますけど、福岡に来たらやっぱり食べないとね。

img_4556

ちなみに本当の元祖は①”元祖長浜屋ラーメン”になります。初めて行く観光客の方は、どの店に行けばいいか迷ったら、元祖長浜屋ラーメンに入ればいいのではないでしょうか。

ごちそうさまでしたー!!

マルタイ 本場の味九州博多長浜ラーメン (100g×5食) 500g

博多長浜生ラーメン とんこつ味 10食

【博多→直送】 長浜屋台ラーメン ナンバーワン 4食  (まろやか とろみ味)

名物元祖長浜ラーメン 長浜屋台、店舗情報

店舗名:名物元祖長浜ラーメン 長浜屋台
ジャンル:ラーメン
電話番号:092-713-6601
住所:福岡県福岡市中央区港1-1-5
交通手段:赤坂駅から542m
営業時間:11:00~24:00、金曜11:00~日曜24:00
定休日:悪天候の場合
予算:夜 ~¥999、日中  ~¥999
カード:不可

席・設備

個室:無
禁煙・喫煙:全面喫煙可
駐車場:無
空間・設備:カウンター席あり
携帯電話:SoftBank、docomo、au

クリエーターをサポート

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(モナゲの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

モナゲするMonacoinを投げる