【墨田区】錦糸町について独り言を言ってみようと思う。語りべ前田。



この記事の所要時間: 315

d652e2001499c97cf78ae2016254d1ed_s

皆さん、こんにちは。グルメ好きの前田です。今回は、何となく錦糸町について語ろうと思います。

スポンサーリンク

錦糸町

千葉から東京へ電車に乗って出かけるときに、東京の玄関口とも言われているらしい東京と千葉の境目に近い街、墨田区の錦糸町。 ちなみに総武線の秋葉原方面に行く電車の乗車率は鬼のようにギュウギュウです。

上京した当初、世間知らずの私は約5キロほどの荷物を持って朝八時の錦糸町駅のホームに立っていました。

千葉方面から電車がやってきました。私が乗るスペースは全くありません。にも関わらず私は大きな荷物を背負っています。そのため、電車を一本見逃しました。あれは、忘れもしない衝撃的な事件として、今でも私の脳裏に焼きついています。 

さて、そんな錦糸町ですが、日本でも有名な企業の本社、大学や大きな専門学校がいくつもあるため、通勤、通学に利用する人も多く下町の風情も漂う賑やかな街です。そんな私も今現在、錦糸町で働いています。

錦糸町の中心地はやはり錦糸町駅でしょう。

img_5808

JR総武線と、東京メトロ半蔵門線の2つの路線が錦糸町駅には乗り入れており、よく利用させて頂いております。

JR総武線は、特急や急行、すべての電車が錦糸町に停車してくるので、とても便利です。JR、地下鉄どちらの路線も、千葉から東京の中心地、東京や有楽町、新宿などに一本で出ることができるとあって、駅前には、アルカキット、オリナス、リヴィン等のショッピングできる量販店やファッションビルなどが立ち並んでいます。

アルカキット、オリナス、リヴィンには、本当にお世話になっておりまして、大変、助かっています。ありがとう。

そんな錦糸町ですが、毎日のべ数千人、数万人とも言われている多くの人が錦糸町駅利用しています。

そのため、飲食店も多数あり私はグルメブログなるものを投稿するため、そして錦糸町の良さをもっと多くの人に知ってもらうため、今日も錦糸町界隈を徘徊するのでありました。

そんな錦糸町ですが、北口と南口があり、それぞれムードが違うのはご存知の通りだと思います。

北口はいつかの再開発でそごうが出来て(今はアルカキットという安いチェーンが入るコンプレックス)、スカイツリーが出来てからはツリー目指して押上に続く道も楽しみの一つです。対して南口は相変わらずの盛り場感でここはバンコクの裏路地かと突っ込みを入れたくなる雰囲気を醸し出しております。ちなみに私は、酔っ払いのおっちゃんに絡まれた事があります。チーン。

そんな錦糸町ですが、最近錦糸町が熱いともっぱら話題になっています。

もともとエスニック料理店のハシゴが出来るくらいの街なのですが、新店が続々出来ている。
南口のバングラデシュカレー「アジアカレーハウス」や北口の行列店「ヴェヌス」などと並ぶ期待の新店があるらしいのです。それが、こちらのお店。

何とも珍しい湖南料理を出してくれる『李湘潭 湘菜館』!!

今度、訪問してみようと思います。

以上、本日の独り言でした。

浮世絵TOKYO名所案内 古地図でめぐる江戸東京ぶらり旅

クリエーターをサポート

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(monageの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

モナゲするMonacoinを投げる