【押上】甘味処 浅草梅園 東京ソラマチ店、茶そばを食べてきた【スカイツリー】



この記事の所要時間: 349

IMG_0287

皆さん、こんにちは。グルメ好きブロガーの前田です。今回は、東京ソラマチ1階にある「浅草梅園 東京ソラマチ店」へ伺ってきたので、ご紹介したいと思います。ソラマチ商店街の通りにお店があります。

IMG_0284

ちなみに私は自転車で来たのですが、東京スカイツリータウンの駐輪場は二時間まで無料です。

IMG_0285

スポンサーリンク

創業安政元年の浅草の老舗甘味処

梅園は、創業安政元年の浅草の老舗甘味処です。1854年創業、浅草寺の梅園院に茶屋として開いたのが歴史の始まりであり、今では関東エリアに数店舗甘味処をもっており、販売店は数多く点在するまでに成長しています。歴史があるんですね。

IMG_0282

あんみつ、豆かんなどの甘味が揃い、なかでも“あわぜんざい”が有名です。甘味の他に、釜うどん、五目釜飯のお食事メニューもありますよ。

IMG_0283

ガラス張りで照明が明るく様子が外から店内が丸見えなので、入りやすいといえば入りやすいですね。テイクアウトもあります。では、入店してみましょう。

IMG_0277

テーブルが26席あります。シンプルで居心地の良い椅子とテーブルです。和を意識した店内は、清潔感があってとても良い雰囲気です。提供された飲み物は、緑茶でした。では、メニューを覗いてみます。

茶そばを注文

IMG_0276

看板メニューは「あわぜんざい」で、餅きびを半搗きし煉りあげて蒸したお餅に、じっくり炊いたこしあんを椀で合わせただけの和菓子です。餅の多少の渋みと、あんの甘味と香りが調和した贅沢な逸品と聞いています。

他にも「どらソフト」も人気のひとつで、普通のどらやきより大きいサイズが皮になっていて、中にソフトクリームが入っているそうです。

しかし今回は、お腹が減っていたので、あわぜんざいでもどらソフトでもなく、香り高い茶のかおりとある「茶そば(¥864円、税込)」を注文しました。

待つこと約5分。茶そばが運ばれてきました。抹茶色の綺麗な蕎麦は見ていて美しいですね。インパクトがあります。

IMG_0278

接写してみましょう(笑)

IMG_0279

では、いただきます。

IMG_0281

2分ほどで、ペロっとあっという間に完食してしまいました。私には量が少ないかもしれません。

食べた感じ、かすかに風味がする程度でした。まあ、その方が粋というかわびさびを感じるような気もします。

ちなみに、変わりそばの中では一番有名なのは茶そばと言われています。抹茶はつながる力が全くないため、二八の更科そばよりも格段に難しいようです。

自宅で茶そばを楽しむのも粋かもしれませんね。

次回は、あわぜんざいやどらソフトをいただこうと思います。ごちそうさまでした〜。

東亜食品 ぜいたく茶そば(国産) 200g×2袋

東京スカイツリーのまち 浅草ミラクルガイド (impress QuickBooks)

浅草梅園 東京ソラマチ店、店舗情報

店舗名:浅草梅園 東京ソラマチ店
HP:http://www.asakusa-umezono.co.jp
ジャンル:甘味処
電話番号:03-5809-7158
予約可否:予約不可
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 1F
交通手段:押上駅から113m
営業時間:10:00~21:00
定休日:年中無休
予算:  ~¥999

席・設備

席数:26席
個室:無
貸切:不可
禁煙・喫煙:完全喫煙

クリエーターをサポート

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(monageの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

モナゲするMonacoinを投げる