バレンタインデー、ショコラティエ・エキャラメリエ【HENRI LE ROUX アンリ・ルルー】

この記事の所要時間: 36

スクリーンショット 2018-01-30 20.46.06

皆さん、こんばんは。グルメ好きブロガーの前田です。来月は、2月。2月といえばバレンタインデーですね。2018年のバレンタインテーマは“開香”(かいか)ですね。そこで、今回は 「アンリ・ルルー」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アンリ・ルルーとは

今年で創立41周年になるアンリ・ルルーとは、フランス・ブルターニュ出身の菓子職人の名前です。

ブルターニュ地方の海辺の町キブロンに1977年「Le Roux(ルルー)」を開店した彼は、 当時ショコラの先進国だったスイスの製法をフランスに伝えた先駆者的ショコラティエであり、世界で唯一のキャラメリエ(キャラメル職人)としても名を知られています。

ショコラやキャラメルを作り続けた彼のレシピや技術、 お菓子に対する想いのすべては、若き職人たちに継承され、 2011年より「Henri Le Roux(アンリ・ルルー)」はメゾンとして次の時代を刻み始めています。

伊勢丹のデパ地下などでもアンリ・ルルーのキャラメルやショコラが販売されていますが、本当に美味しそうです。かなり人気があるようで、昨年は、2月になったばかりだというのに完売していました。アマゾンで購入可能する事も可能ですよ。

口どけのなめらかさは最上級レベル!!

甘さもくどくなく、絶対的に美味しいので自信を持ってプレゼント出来るショコラだと思います。大きいリボンに包まれた箱も可愛いですね!!

受賞暦

アンリ・ルルーの受賞歴も紹介します。

Les incontournables, les 15 meilleurs chocolatiers de France (フランス最優秀ショコラティエ15人)=フランスの 「欠かすことの出来ない」 15人の最高のショコラティエの1人に選ばれています。

また、Tablette d’or(タブレットドール)=優れたショコラティエに、「金」「銀」「銅」の3つの評価で授与される賞。アンリ・ルルーは最高評価である「タブレットドール(金のタブレット)」を受賞しています。

アンリルルーのバレンタインチョコレートは、ホントに本命向きという感じのクオリティでしょう。アンリルルーを渡しておけば間違いありません。要チェックですよ〜!!

食感の違いや口に広がる香りなど、「味わい」へのこだわりを大切にされています。この機会に是非お試しあれ!!

アンリ・ルルーHPはこちら↓

フランス直輸入!バレンタインなら【HENRI LE ROUX アンリ・ルルー】

クリエーターをサポート

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(monageの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

モナゲするMonacoinを投げる