越後湯沢駅前にあるオススメのカフェ「水屋 (ミズヤ) 」で、温泉かき氷抹茶を食べてきた!!



この記事の所要時間: 431

皆さん、こんにちは。グルメ好きブロガーの前田です。今回、フジロック2018に行ってきた際に立ち寄った、オススメのかき氷店「水屋 (ミズヤ) 」をご紹介したいと思います。

越後湯沢駅の正面にあり、駅から徒歩1分です。「井仙」という旅館がありますが、その1Fが水屋です。昔ながらの風情ある入り口が目の前に飛び込んできます。

名湯温泉の深層水を使った温泉珈琲などが名物のようですよ。

スポンサーリンク

お店の前に無料の足湯がある

お店の前には、無料の足湯がありました。せっかくなのでつかってみましょう。

うおぉぉぉ。あ、あったかい!!

湯温42~43℃ぐらいで少し熱めです。でもそのうち慣れてきて心地よくなってきます。これは、絶対に健康に良いでしょう。幸せ。

皆さん、水屋にきた際には、是非!!

足もあったまった事ですし、入店してみましょう!!

蔵の扉だったという分厚く立派な木造のテーブル

店内には、カウンター席とテーブル席があります。木目を活かした落ち着きのある雰囲気にまとめられていて、ゆっくりコーヒーを飲むにはぴったりの空間でしょう。

蔵の扉だったという分厚く立派な木造のテーブルが置かれていて、閂などの部材もそのまま取り付けられたままになっています。なんとも重厚な作りで迫力があります。こういうのは初めてです。

このテーブルが店内に、独特の雰囲気を醸しています。駅前のカフェというと、他の温泉地では、なんちゃってアイテムが多数といった所もありますが、こちらはとても丁寧に作られています。

では、メニュー表を見てみましょう。

温泉珈琲や湯沢るうろ、温泉プリンなどがありますね。今回、私が注文したのは「温泉かき氷抹茶(850円、税別)」です。+50円でミルクかけができるようです。

温泉かき氷抹茶

約10分ほど待って温泉かき氷抹茶が運ばれてきました。

デカイですね〜。そして、花火大会で売っているようなかき氷とは見た目からして違いますね。氷の質感の違いが見た目からして分かりますよ。お連れの方は、黒蜜きなこ(¥800円、税抜き)を注文していました。こちらも美味しそうですね。

では、角度を変えてもう一度眺めてみましょう。

もう一度。

ふわふわ具合が伝わりましたでしょうか。ちょっと指で触ってみましょう。

ふわっ。

では、いただきます!!

見た目通り氷がふわふわしています。それなのに氷の質がとてもきめ細かく、口に入れたとたんにスーッと消えていきます。すごいです。

氷と氷の間にたっぷりと空気が含まれているので、口の中に入れた氷の量に比べて、冷たさがあまりなく、味覚が正常なままなのが特徴的です。

これは余裕で食べれてしまいます。かき氷が苦手という人にも食べて欲しいです。かき氷の中と底にもたっぷりシロップが入っているので、水っぽくならず最後まで食べられますよ。

食べ進めていくと、中から白玉が出てきました。憎い演出ですね!!

さらにアンコも出てきました。

味の変化も楽しんじゃいましょう!!

白玉とアンコも、決してかき氷を邪魔をしていないのが良いですね。それどころか、かき氷の冷たさやサッパリ感を補うような役目をちゃんと果たしています。素晴らしい。

甘さ控えめ、抹茶の味も控えめで、爽やかな甘さが口に広がります。いや〜、美味しかったです。大満足。ごちそうさまでした。

お土産コーナー

店内にはお土産コーナーもあります。会社の同僚や友達に是非!!

旅の疲れを癒すのも良し、旅の思い出を語るのも良し、落ち着いた雰囲気の中で香り高い珈琲を楽しむことができます。店内に流れるジャズの音色とともに、一杯づつ丁寧に淹れた珈琲やかき氷で暫し時間を忘れてくつろいでみてはいかがでしょうか。

また、越後湯沢に立ち寄った際には訪問したいと思います。オススメですよ!!

店舗情報

店舗名:水屋 (ミズヤ)
HP:https://www.keycoffee.co.jp/shopmap/toraja/chubu/hatago/
ジャンル:喫茶店、ケーキ、かき氷
電話番号:025-784-3361
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2455 HATAGO井仙 1F
交通手段:上越新幹線 越後湯沢駅西口から徒歩で直ぐ近く。
     越後湯沢駅から164m
営業時間:9:00~18:00(L.O)17:30
               日曜営業
定休日:無休

席・設備

個室:無
駐車場:有
サービス:テイクアウト
尾行:店舗前に無料の足湯あり

モナゲするMonacoinを投げる