【アンチエイジング】若々しくいる為の食べ方〜人間の体は日々の食べ物で作られている〜

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 256

148ff2a48742606b731b96dcbdbc9b31_s

皆さん、おはようございます。グルメ好きブロガーの前田です。

スポンサーリンク

若々しくいるためには

私は18歳で親元を離れてからというもの、外食中心の食生活を送ってきました。もう30歳を超えたのもあって、健康にも気を使い始めるようになりました。そんな歳を重ねている私が、いつまでも若々しくいるために気をつけ始めた事をご紹介します。アンチエイジングってヤツですね。今回は、グルメ情報とはちょっと趣旨が外れるかもしれません。

まず言える事。それは、今まで口にしてきたものが未来の健康を決めるという事です。日本人は、今まで何を食べてきたでしょう。ちなみに私は麺類を食べる事が多いです。ちょっと偏っているかもしれませんね。皆さんは、どうでしょう??

稲作文化

日本人といえば主食は米です。農耕文化の長い歴史の中で、奈良時代にはすでに玄米を主食とした食事が成立していました。米と言っても歴史的に見れば、白米を食べるようになったのは最近の事です。

発酵食品

納豆だったり漬物、味噌と日本古来の発酵食品はとても豊かです。スーパーに行けば、いくらでも並んでいます。その中でも大豆の発酵食品は、たんぱく源でもあり日本人の食文化には欠かせないものですよね。

肉食をしない

日本人は穀物と野菜中心の食生活が長いので、消化酵素や腸の長さもそれに適したものになっているそうです。そのため、脂肪やたんぱく質を消化するのが苦手であり、肉食は日本人の体にとって大きな負担となります。

まずは意識する事から始めよう

ここで、考えてみましょう。現在の日本人の食生活を。添加物や悪い油、肉食中心の欧米化した食生活になってきていると思います。肉や乳製品を口にしない日はないという方もいるかもしれません。健康の面から考えると、それは危険なのではとも考えられます。日本人に合っているのは、豆類・野菜・玄米といった、昔から食べらてきた日本食ではないでしょうか。しかし、いきなり食生活をガラッと変えろというのも、失敗の元になる可能性が高いとも考えられます。三日坊主になっては元も子もありません。まずは知って、意識し始める事からでいいのではないでしょうか。私は、その段階です。実際に、意識し始めるようになると、自動販売機で飲み物を買うときにも、清涼飲料水は避けるようになってきます。これは大きな一歩です!!

健康で長生き、より若い体を作るために、今の食事を見直していき、本当に体が喜ぶ食べ方を実践していけるように、まずはその大切さを理解していこうと思います。今日の私は、とても真面目です!!えへっ。

若返りの科学 医学が実証した本当のアンチエイジング

クリエーターをサポート

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(モナゲの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

モナゲするMonacoinを投げる