【アンチエイジング】脳に効く食べ物。その名も亜麻仁油(アマニあぶら)!!



この記事の所要時間: 420

75739146e91b7263d9f78e93bfc310a6_s

皆さん、こんばんは。グルメ好きの前田です。

今回のテーマは「臓器が元気モリモリなら体は老けない!!」です。

スポンサーリンク

3大臓器である脳・骨・血管を強くしよう

今回は脳に関してです。

人間の細胞の膜を構成する重要な要素が脂質です。という事は摂り入れる油の質が私たちの健康に直結するという事になってきます。私たちが食生活で取り入れている油には、大きく分けて2種類あります。それが、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸になります。

飽和脂肪酸

肉類やバターといった動物性油脂と、ココナッツオイルなど一部の植物性油脂が含まれています。

不飽和脂肪酸

亜麻仁油やオリーブオイルといった、主に植物性油脂の主成分になります。さらに不飽和脂肪酸は、オメガ3、オメガ6、オメガ9に分類できます。

避けるべき油

私たちが避けるべき油は、トランス脂肪酸、飽和脂肪酸、オメガ6です。菓子パンなどにはトランス脂肪酸が含まれていて、むちゃくちゃ体に悪いので、可能な限り控えましょう。その上で、積極的にオメガ3を摂り、オメガ9の豊富な油を加熱料理に適量だけ用いるようにすることで、体が正しい脂質バランスを取り戻すことができます。

積極的に摂りたい、オメガ3

オメガ3ですが、理想的な摂取源は亜麻仁油です。がん治療のための食事法「ゲルマン療法」では唯一摂取していい油として認められている様です。末期ガンを克服させるほどの力があるなんて驚きです。あと、クセがないので食材や調理を選ばないのも良いですね。サラダにドレッシング代わりにかけて食べるのが手頃かなと思います。ちなみに亜麻仁油は熱に弱いため、加熱するのはやめましょう。生のままスプーン1、2杯ほどを目安に摂取するのが良いです。

他にもオメガ3が含まれている食べ物といえば、
・えごま油(植物油の中で亜麻仁油の次におすすめとされる油。)
・小型の青魚(にしん・イワシ・サバといった青魚に含まれるEPAやDHAは、脳の健康に不可欠です。脳細胞が活性化すると、脳内の情報伝達がスムーズになるため、記憶力や学習能力が高まります。ちなみに私はサプリでDHAを摂取しています。)
・くるみ(ナッツの中でも、特にオメガ3が豊富です。ミネラルやビタミンも多い優良食材です。)
といった食べ物に含まれています。

オメガ6ですが、大豆油やコーン油などに含まれています。いわゆるサラダ油の仲間です。脳梗塞やアルツハイマー病といった脳の病気の原因にもなっているので摂り過ぎには注意しましょう。

ニップン アマニ油 150g

えごま油(170g)

ディアナチュラDHA with イチョウ葉 240粒(60日)

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル(EPA/DHA) 90粒 機能性表示食品

くるみを食べてボケ防止

先ほど、紹介したくるみですが、健脳食の代表とも言える食品なので、毎日ひとつかみ亜麻仁油とセットで食べることで、脳の若さを維持できます。ちなみにノンフライのもので、砂糖や塩で味付けされていないものを選びましょう。血液をきれいにするビタミンEや、亜鉛、マグネシウムの摂取源としても優れています。素晴らしい。

次回は、骨に効く食べ物をご紹介します。

生くるみ 1kg ブロークン (割れくるみ・3~5ミリ前後のダイスカット) 生くるみ お菓子作り・料理に付け合わせ 無塩 無添加 メール便発送

クリエーターをサポート

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(モナゲの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

モナゲするMonacoinを投げる