風邪を引いた時はヨーグルトが有効。効能と注意点。



この記事の所要時間: 334

こんばんは、グルメ好きの前田です。2日間、体調を崩して寝込んでおりましたが、回復して一安心です。さて、健康食品として有名な食材であるヨーグルトですが、風邪ひいたときにこそ摂っていただきたい食材なんです。

img_5682

私がよく買う「明治プロビオヨーグルト」です。お気に入りのヨーグルトです。

スポンサーリンク

ヨーグルトが風邪に有効な理由とは!!

免疫細胞を活性化

ヨーグルトに含まれている乳酸菌を摂ることにより、腸に到着し善玉菌を増やし悪玉菌を減らしていきます。この作用により腸内環境が整い、風邪やウィルスから体を守る免疫細胞は活性化するといわれているのです。

また、私は空気中に浮遊しているほこり、花粉、ハウスダスト、ダニ、織物の繊維、動物の毛などが原因で、季節を問わず、年中鼻水や鼻づまりを起こす“通年性アレルギー性鼻炎”なのですが、改善方法の一つとして、自身の免疫力を高めるという事が挙げられます。

腸内環境改善させるという事は、免疫力を高めるという事に繋がります。

さらに、乳酸菌を摂取して腸内環境を整えて体の免疫機能が改善されれば免疫力アップだけでなく、アレルギーの緩和に効果を期待できるわけなんですね。

通年性アレルギー性鼻炎に効果を期待できるのは、L-92乳酸菌、BB536乳酸菌、KW乳酸菌との事なので、ヨーグルトを選ぶ際には、その点を考慮してみてはどうでしょうか。

森永ビヒダスヨーグルト、飲むヨーグルトシリーズには、パッケージにBB536の表示が、小岩井 プラズマ乳酸菌ヨーグルトには、KW乳酸菌プラスの表示があるので、次回は、そちらも購入してみようかなと思います。

ヨーグルトは消化が良い

皆さん、ご存知の通り、ヨーグルトは固形物ではなくとろっとした食感で、のど越しが良いですよね。固形物を飲食しにくく、租借力が弱いお年寄りや小さな子供にとって最適な食品といわれています。

ヨーグルトと風邪薬は一緒に摂取してはいけない

img_5683

一番の注意点として留めておいていただきたい事があります。それは、「風邪薬」と「ヨーグルト」は同時に摂取してはいけないということです。写真のような組み合わせはNGなんです。

なぜか??

風邪薬を飲みながら、ヨーグルトも食べてしまうと体内で風邪薬がヨーグルト菌といっしょに醗酵し、血圧が高くなってしまうことがあるそうなんです。高血圧症は動脈硬化等の成人病の原因と言われています。風邪が悪化するという事ではありませんが、控えた方が良いでしょう。

食べ過ぎに注意

何事にも言える事かもしれませんが、ヨーグルトの食べ過ぎには気を付けましょう。ヨーグルトは動物性脂質が強い食べ物なので、あまり摂りすぎると腸内で消化不能を起こす可能性があります。何事もほどほどに。

まとめ

いかがだったでしょうか。誰しもが一度は口にしたことがあるであろうヨーグルトですが、最近では含まれるビフィズス菌の種類で細分化して効能別に商品を展開しているメーカーも増えています。皆さんも、色々と手にとって試してください!!

明治プロビオヨーグルトLG21 (食べるタイプ) 112g×24個

モナゲするMonacoinを投げる