スポンサーリンク

【南行徳】情熱のすためしどんどん 南行徳店 、油そばを食べてきた!!

この記事の所要時間: 418

IMG_0324

皆さん、こんにちは。グルメ好きブロガーの前田です。今回は、「情熱のすためしどんどん 南行徳店」へと伺ってまいりました。

東西線南行徳駅メトロセンター、ピカソの前あたりに新規開店したお店です。この場所は、私がおぼえている限り東京チカラめし→沖縄食堂 たけとみや 南行徳店→情熱のすためしどんどんと居抜きで何度も変わっています。

沖縄食堂 たけとみや 南行徳店は、以前に訪問して記事にしました。

都内で、よく見かける情熱のすためしどんどんですが、伝説のすた丼屋のパクリっぽいような気がするのは、私だけではないかと思います。

お店の前には看板がでかでかとあります。テイクアウトOKとの事。ハンバーグやステーキ、油そばもあるんですね。

IMG_0323

では、入店してみましょう。

スポンサーリンク

情熱のすためしどんどん 南行徳店へ入店

IMG_0316

店内は明るく開放感があります。カウンター席とテーブル席があり、テーブル席に着席しました。

IMG_0315

毎月10日は、すためしが安くなるようです。

IMG_0322

メニュー表を開きます。

IMG_0317

実は、今回は油そば(¥780円、税込)を頼もうと決めていました。今まで食べたいという思いは少なからずあったんです。ただ、名前から受ける印象で完全に危険な食べ物と判断し、避けてきたました。なんせ商品名に「油」の文字があります。もうギトギトのベトベトなことは想像に難くありません。

しかし、グルメブロガーなので、今回、意を決して注文してみました。

油そばを注文

IMG_0318

油そばの食べ方が書いてあります。

・具材と麺をよくかき混ぜ、まずはそのまま食すべし。
・ラー油・酢・マヨネーズ・卓上調味料をお好みで入れ、よく絡めながらムラなくかき混ぜて食すべし。

とあります。

また、スープがない分、カロリーはラーメンの2/3、塩分は約半分。さらにお好みで酢をかける事でクエン酸が疲労回復アミノ酸がダイエットに効果があるとされ、美味しく食べれて健康にも良いそうです。勉強になります。

待つ事、約5分。油そばが運ばれてきました。

IMG_0319

780円するのに量が少ないですね。ちょっと残念。

IMG_0320

油そばの具はメンマに水菜に、チャーシューとねぎ。そして、刻みのりが入っています。当然ですが、スープはありません。味噌汁はあります。

では、いただきます。

IMG_0321

汁がしっかり絡んだ太麺です。想像していたよりもギトギトしていません。意外です。豚骨系のスープを濃縮したような味がします。食べやすいですが、量が少ないのと、後半は少し脂っぽさを感じます。まぁ、油そばなので当然かもしれませんが。全体的には微妙でした。

本当であれば、具材と麺をよくかき混ぜて、ラー油・酢・マヨネーズ・卓上調味料で好みの味に調整し、よく絡めながらムラなくかき混ぜて食すんでしょうけど、ストレートに食べきってしまいました。次は、本来の油そばの食べ方でいきたいと思います。

味噌汁は、塩分強めで少し酸っぱかったです。

ごちそうさまでした。

持ち歩ける 船橋・市川本 (エイムック 3071)

情熱のすためしどんどん 南行徳店、店舗情報

店舗名:情熱のすためしどんどん 南行徳店
ジャンル:丼もの(その他)
電話番号:047-390-3630
住所:千葉県市川市相之川4-17-2 メトロセンター南行徳B棟 1F
交通手段:南行徳駅から98m
営業時間:全日:11:00~23:00(LO 22:45)
     ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
予算: ~¥999

席・設備

席数:23席

私が訪れた南行徳の飲食店

私が実際に訪れた南行徳の飲食店をまとめています。新たにお店に訪問した際には、随時更新しています。南行徳周辺で、お店を探している方に参考にして頂けたらと思います。

クリエーターをサポート

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(monageの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

モナゲするMonacoinを投げる