スポンサーリンク

【錦糸町にあるカレー屋】インド・バングラデシュ料理、バスモティ(BASMATI)【コストパフォーマンス良し】

この記事の所要時間: 441

img_7183

皆さん、こんばんは。グルメ好きの前田です。今回は、お昼に偶然見つけた錦糸町駅北口から徒歩2分ほどの場所にあるカレー屋さん、バスモティ(BASMATI)に訪問してきました。

緑を基調にした外装ですね。

スポンサーリンク

食べ放題が1,000円(ドリンク付き)

img_7184

お店の前に看板があります。どれどれ。

img_7182

「ヘルシー!おいしい!スパイシー!バイキングでたっぷり楽しむ本格カレー」という、うたい文句の看板があります。ランチビュッフェ(カレー4種、サフランライス、焼き立てナン、サラダ、スナック、デザート、スープ)が全て食べ放題で1,000円、税込(ドリンク付き)だそうです。

これはお得な気がする!!では、入店してみましょう👍

img_7179

中はテーブルが4席と小さなお店です。内装は洋食屋さん風でかかっている音楽がインドです。

バングラディッシュ料理

バングラディッシュといえば、1971年に出来た国で、ご存じの通り、内戦と自然災害の影響で、世界の最貧国のうちのひとつです。

バングラディッシュ料理はというと、米が主食で、魚や野菜、豆などを副菜で使用します。

クミンやターメリック、パクチーなどスパイスを多く使用し、辛いものが多いです。またイスラム教の国の為、豚肉は食べず、お酒も基本的に飲みません。

そして、バングラディッシュ料理と言ったらやはりカレーです。日本のようなドロドロしたルーではなく、水っぽいサラサラしたルーで作られています。チキンカレーやマトンカレーなど色々な種類がありますが、特に白身魚のものが主流だそうですよ。

ナンとドリンク以外はセルフで好きなものを好きなだけ自分で盛るタイプ

早速、盛りにいきます。

img_7168img_7169

野菜カレー、チキンカレー、キマカレーとありますね。全部、いただきます。

img_7170img_7172

そして、、、

img_7177

どーん!!!!

どうですか。お皿に持って、席に戻るタイミングでナンも運ばれてきました。

img_7178

大きいナンですね〜。お皿からはみ出してるじゃないか〜。おほほ😎

img_7180

ボリューム満点ですね。では、いただきます!!

うむ、野菜カレー、チキンカレー、キマカレーの3種類は、少しルーの味が薄い気がします。スパイス感に乏しいのは残念です。日本のカレーとは違って、水のようにサラサラです。ただ、写真下中央にあるカレーはドロドロしていてナンにつけて食べました。美味しいです。

ライスはサフランライス。ジャポニカ米です。ほんの気持ち、固めに炊かれていて、なかなか良い炊き加減だと思います。サラダはキャベツ主体の普通のサラダです。サウザンドレッシングをかけました。スープはいたって普通。名前が分かりませんが、お肉(チキン)は美味い!!

ナンは食べた瞬間に牛乳!!と分かるくらいに牛乳の味がします。もっちりで甘いです。

そんなこんなで、もしゃもしゃ食べているとカタコトの店員さんが飲み物は何にするか聞いてたので、マンゴージュースを注文。

img_7181

甘くて、美味しいです。

この後、ライス、カレー、サラダ、チキンをお代わりしてお腹いっぱいです。さすがにお腹いっぱいでナンはお代わりできませんでした。あっ、、、デザートを食べるのを忘れてた。。。

それにしても千円でこれだけ食べられる(しかも食べ放題)ので、コストパフォーマンスは高いですね。

ごちそうさまでした〜!!

錦糸町・亀戸・両国 ジモト飯 (ウォーカームック)

快楽ランチ①錦糸町・挽きぐるみ玄そば

バスモティ (BASMATI)、店舗情報

店舗名:バスモティ (BASMATI)
電話番号:03-3621-0270(予約可)
住所:東京都墨田区錦糸3-13-1
交通手段:JR総武線錦糸町駅北口 徒歩2分/地下鉄半蔵門線錦糸町駅3番出口 徒歩2分
     錦糸町駅から284m
営業時間:11:00~14:45(L.O) 17:00~22:30(L.O)
定休日:無休
カード:可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

私が訪れた錦糸町の飲食店

私が実際に訪れた錦糸町の飲食店をまとめています。新たにお店に訪問した際には、随時更新しています。錦糸町周辺で、お店を探している方に参考にして頂けたらと思います。

クリエーターをサポート

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(monageの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

モナゲするMonacoinを投げる