東京銀座 創業大正三年 麺処直久 オリナス錦糸町店で純鶏らーめん (醤油)を食べてきた



この記事の所要時間: 419

皆さん、こんにちは。グルメ食べ歩きブロガーの前田です。以前、ご紹介した「東京銀座 創業大正三年 麺処直久」が、錦糸町にあるオリナスモール3Fにオープンしたので、早速グルメレビューをするために行って参りましたよ!!

前回記事⇨【ラーメン】2018年6月18日(月)、東京銀座 創業大正三年 麺処直久が錦糸町オリナスモール3FにOPEN!!

このチラシを伝説のトレーダーHIDEぽん先輩が私に持ってきたのが全ての始まりでした。と、なんだかRPGの始まりにあるナレーションみたいになってしまいましたが、どんなお味なのでしょうか!!

株式会社フククルフーズ(東京都中央区銀座3-12-7原町ビル4F)が運営している、創業100年の歴史あるらーめん店「直久(なおきゅう)」はFC展開しており、その第21号店として2018年6月18日(月)に晴れて「麺処直久 オリナス錦糸町店」をオープンしました。御祝の花も飾ってありましたよ。

現在、「直久」は都内を中心に、「らーめん直久」5店舗、「麺処直久」16店舗の計21店舗を展開しています。

スポンサーリンク

直久の歴史

「直久」は、大正3年(1914年)に山梨県甲府市に麺類を提供する支那そば店として創業。その後、昭和42年(1967年)、「本場の味らーめん直久」として1号店を1号店を東京銀座すきや橋東芝ビル地下2階名店街に出店しています。当時から行列を絶やさないほどの人気を誇ったという老舗らーめん店です。

自社の製麺所で打ち込んだ自家製麺と、日本の飲食店では最も多く仕入れている協会公認の名古屋コーチン等を煮込んだ、すっきりとした正統派のスープを使用しているそうです。

創業当時の伝統を頑なに守り、提供し続けることで、幅広い層から愛されているんですね。

麺処直久 オリナス錦糸町店のメニュー

気になる「麺処直久 オリナス錦糸町店」のメニューのラインナップはこちらです。

・純鶏らーめん (醤油・塩)、580円
・こく旨らーめん (醤油・塩・味噌)、790円~
・野菜たっぷり とんさいらーめん (醤油・塩・味噌)、740円~
・鶏ゆず塩らーめん、800円
・煮干しらーめん、750円
・特製炙りチャーシュー麺、1100円
・炙りチャーシュー麺、980円
・肉盛り辛つけ麺、820円
・鶏×魚介つけ麺、790円
・お子様ラーメンセット、550円
・お子様炒飯セット、450円
(※価格は消費税込み)

お得な定食、セットメニューもあります。今回、私は「純鶏らーめん (醤油)、580円」を注文しました。

トッピング無料券とタイマーを貰って、座席でタイマーが鳴るその時を待ちます。

10分ほど待ちましたでしょうか。オープンしたばかりなので、お客さんも多く調理に時間がかかっている様子が伺えしれます。

そして、受けったのがこちら!!

では、いただきます。

麺は自家製の細麺ストレートタイプ、スープとの辛み・馴染みもよくて、茹で加減も硬すぎず柔らか過ぎず・・・のものでした。

具材は 鶏チューシュー・豚チューシュー・薬味ネギ・青ネギ・海苔・メンマで、鶏チューシューは胸肉のようで、塩ダレに生姜・ネギを揉み込んで作られたもの・・・らしいです。

名古屋コーチンを長時間かけてじっくりと炊き出し、フジトラ醤油と合わせたというスープは、100年経っても愛され続けている本物の味なのでしょう。

すっきりとした香りとともに、鶏の凝縮されたコクと旨みが口いっぱいに広がり美味しかったです。

それでいながら、スープが喉を過ぎる頃には、す~っと味が溶けていき後に余計なものが残りません。しつこさがない、これぞ醤油ラーメンという感じでしょうか。

ごちそうさまでした。

店舗情報

店舗名:東京銀座 創業大正三年 麺処直久
HP:http://naokyu.com
ジャンル:ラーメン
電話番号:03-6658-5379
住所:東京都墨田区太平4-1-2 オリナスモール3F
営業時間:10:00〜21:00
アクセス:地下鉄半蔵門線「錦糸町駅(4番出口)」より徒歩3分
     JR総武線「錦糸町駅(北口)」より徒歩5分
     錦糸公園北口

私が訪れた錦糸町の飲食店

私が実際に訪れた錦糸町の飲食店をまとめています。新たにお店に訪問した際には、随時更新しています。錦糸町周辺で、お店を探している方に参考にして頂けたらと思います。

モナゲするMonacoinを投げる