スポンサーリンク

【南行徳】びっくりドンキー 南行徳店、フォンデュ風チーズバーグディッシュを食べてきた【ファミレス】

この記事の所要時間: 711

img_6695

皆さん、こんにちは。グルメ好きブロガーの前田です。昨晩、びっくりドンキー 南行徳店に行ってきました。東京方面から今井橋を下り、二つ目の交差点を過ぎた左側に店舗があります。継ぎ接ぎだらけの、巨大な掘っ建て小屋のような独特の造りでインパクトがあります。まるで、某テーマパークのアトラクションに乗り込む時のようなワクワク感があります。あと、沖縄のお店にも通じるものがありますね。

img_6694

では早速、入店しましょう。go ahead👍

スポンサーリンク

びっくりドンキー 南行徳店の店内は満席、駐車場は2つある

img_6696

店内は、満席で10分ほど待ちました。人気があるんですね。発券機で「1〜2名様」のボタンを押して、整理券を受け取り、ソファーに座って待ちます。全席禁煙は、タバコを吸わない私にとっては、嬉しいところです。

最近、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙防止対策として、タバコ税を増税、1箱1,000円以上の価格設定にする動きが活発化していますし、それに伴って、電子パイポを扱っているマルマン【7834】の株価が上がりました☝️

私は、マルマンの株を持っていまして、買値よりも約2倍に成っています。えへへ😌

話が逸れました。びっくりドンキーの話に戻りましょう。

img_6697

ちなみに駐車場も混んでいました。道路を挟んだ向かい側には第二駐車場があります。

img_6711

西部劇を意識したような凝った内装の薄暗い店内

西部劇を意識したような(店員さんの制服もそんな感じです。)凝った内装の薄暗い店内は、意外に広く席数も多かったです。こう言う雰囲気好きです。接客は丁寧で、しっかりしているので好感が持てます。

img_6699img_6710

席に案内されると、店員さんがテーブルに大きなメニューを立てかけてくれるのですが、まずはそれにびっくり。デカっ。物理的な…その仕様、形体にクギズケになったのです。それは木製のドア風で…店員さんは観音開きをパッと開け、目の前に垂直不動な感じで立てるのでした。そして、ハンバーグの種類の多さにもびっくり。多っ。

img_6698

とろけるチーズ「フォンデュ風チーズバーグディッシュ」を注文!!

img_6701

メニューの中からフォンデュ風チーズバーグディッシュ150g(¥959円、税込)を選択。過去に1kgのカレーを食べた事がある私は、300gにするか悩みましたが、結局、150gにしました。

img_6700

更に、マーメイドサラダ(¥537円、税込)も注文。サラダは、2〜3分ほどで提供されました。

img_6705

モリモリ鰹節、みずみずしいきゅうり、ドレッシング、エビ・・・まいう〜。

サラダにかけるドレッシングは、通販で購入可能です。

びっくりドンキー ソイドレッシング 200g 2本セット

びっくりドンキー ごまドレッシング 200g 3本セット

びっくりドンキー ゆずドレッシング 200g 3本セット

びっくりドンキー マヨネーズタイプ300g 2本セット その他

びっくりドンキーのマヨネーズタイプもあるんですね。
 
 
 

ハンバーグはというと10分ほどで提供されました。ちなみに、こちらの木製丸型プレートの皿もアマゾンや楽天市場で購入可能です。マニアにはたまらない!?

Rubber Wood おしゃれ 木製 丸型 プレート 皿 直径 25cm 1003803-01

img_6706

手作りっぽいハンバーグは柔らかくチーズもすごく濃厚で美味しかったです。付け合わせのサラダも私好みの味で大満足です。わっきーさんじゃないですけど、ハンバーグとチーズの相性は計り知れないですね!!

調べてみると、

・牛肉は、ニュージーランド・オーストラリア産で、トレーサビリティのある管理体制。
・米は、除草剤を一回のみ使用する省農薬米、米の原産地と生産者指定。
・野菜・乳製品は原則として国産。
・珈琲は産地に注意を払い、自社焙煎、注文を受けてから挽いて、マシンで抽出。

と、食材には気を使っているお店である事が分かります。

さて、150gにした私ですが、少し足りません。という事で、ふと目に飛び込んできたびっくりフライドポテト(¥386円、税込)を注文🍟

img_6708img_6709

もともとパウダーがかかっているので何も付けずに食べれますが、他ケチャップとマヨネーズみないなものががついてきます。このマヨネーズみたいなものはいったい何なんでしょうね。
でもこれ美味しいですね。量も多くて、満足です。

美味しかった〜。ごちそうさまでした。

まとめ

1981年6月、札幌に1号店がオープンして30年。チェーンレベルのハンバーグをはるかに凌ぐ美味しさです。今や全国に300店を越える店舗を展開され、これからも増え続けるものと思われます。しかし、クオリティを変えず、いつもおいしいハンバーグを提供し続けてもらいたいものですね。

びっくりドンキー ローストビーフ 195g 2本セット その他

びっくりドンキーポテトミルフィーユグラタン 325g 2個セット その他

びっくりドンキー デミグラスハヤシ 180g 3個セット

びっくりドンキー 南行徳店、店舗情報

店舗名:びっくりドンキー 南行徳店
HP:https://www.bikkuri-donkey.com
ジャンル:ファミレス、ハンバーグ
電話番号:047-397-7541
住所:千葉県市川市相之川2-14-17
交通手段:南行徳駅から923m
営業時間:11:00-02:00(LO01:30)
定休日:なし
カード:不可
予算:夜 ¥1,000~¥1,999、日中  ~¥999

席・設備

禁煙・喫煙:分煙
駐車場:有

私が訪れた南行徳の飲食店

私が実際に訪れた南行徳の飲食店をまとめています。新たにお店に訪問した際には、随時更新しています。南行徳周辺で、お店を探している方に参考にして頂けたらと思います。

クリエーターをサポート

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(monageの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

モナゲするMonacoinを投げる