【秋葉原】横浜家系 壱角家 秋葉原東口店、ねぎラーメンを食べてきた【ラーメン】



この記事の所要時間: 410

IMG_9234

皆さん、こんにちは。グルメ好きブロガーの前田です。今回は、秋葉原にある横浜家系ラーメン店の「壱角家 秋葉原東口店 」へと行ってまいりました。

都内を中心に勢力を拡大している、コストパフォーマンス最強の横浜家系ラーメン「壱角家」。秋葉原東口店は、ヨドバシAKIBAの直近にある昭和通り沿いにあります。

こちらのお店は ”だるまのめ”や”東京チカラめし”を経営する(株)ユウシンが関わっているようです。

ちなみに壱角家ではないですが、横浜家系ラーメンのインスタントラーメンが色々とあるのでチェックしてみると面白いかもしれませんね。

では、入店してみましょう。

スポンサーリンク

壱角家 秋葉原東口店へ入店

縦に奥深い店内には先客数名程度いました。カウンター席とテーブル席があります。券売機は無く、口頭注文の後払い方式です。

IMG_9236

着席。各席にニンニクおろしと生姜おろし、豆板醤、一味、胡椒などを多く取り揃えています。

IMG_9235

ねぎラーメン(¥840円、税抜)を注文。お店のホームページにクーポンがのっていて、クーポンを印刷して持っていくと味付け卵をのせてもらえるという事を後になって知りました。やはりHPはしっかりとチェックしておかないとダメですね。反省。

IMG_9240

麺の硬さや脂の量など選べますが麺固め、味の濃さは濃味、油の量多めでお願いしました。ライスが食べ放題無料、お替り自由なので、ラーメンが来るまでの間いただきます。ふりかけがあったのでかけてみました。

IMG_9237 

ご飯はやや固めで炊かれており、米の生産地は不明です。

IMG_9239

ねぎラーメンを食べてみた感想

ご飯を食べながら待つ事、約10分。ねぎラーメンが運ばれてきました。

IMG_9242

中々、特徴的な見た目です。ウズラのたまごや海苔、チャーシュー、そしてねぎがたっぷり入っています。では、いただきます。

IMG_9244

ラーメンの麺は太麺で独得のネトッとした食感。モッチリはしてません。

スープですが、豚骨醤油味です。壱系お馴染みの白濁した”豚骨スープ”なのですが、ちょっと重たいというかしつこいかもしれません。味濃いめにした”醤油ダレ”も醤油の味わい・・・と言うよりは 単にショッパサが増しているのではという印象のものでした。

チャーシューは ”豚バラ”ホロホロタイプのもので 脂のクドサもあまり感じませんでした。厚みもあり美味しかったです。

うずらは普通でした。

ほうれん草は、う〜ん。。。

海苔はパリッとしてていい感じです。

ネギは 比較的細めに切られた白髪ネギでタレがかけられたもので、シャキシャキ感が強く、多少、辛かったです。スープのしょっぱさにプラスして辛いので、全体的にくどく感じられました。

全体的にやはりスープがちょっと重たいかなと感じました。ごちそうさまでした〜!!

日清 麺ニッポン 横浜家系ラーメン 120g×12個

秋葉原めし。@伝説編: 秋葉原の本当に旨い飯を知っていますか? (Sea Monkey Design)

壱角家 秋葉原東口店、店舗情報

店舗名:壱角家 秋葉原東口店
HP:http://ikkakuya.jp
ジャンル:ラーメン
電話番号:03-3258-4008
住所:東京都千代田区神田佐久間町1-27 石鍋ビル
交通手段:東京メトロ日比谷線秋葉原駅より1分。
     秋葉原駅から160m
営業時間:[月~金]
     10:00~翌3:00
     [土日祝]
     10:00~23:00
定休日:日曜日
予算: ~¥999

席・設備

席数:全40席(カウンター席:16席 テーブル席:24席(4名×3、2名×6))
個室:無
貸切:不可
駐車場:無
携帯電話:docomo、au、SoftBank

クリエーターをサポート

この記事は投げ銭記事です。継続的に文章を書き続ける為には、文章を書き続ける為の時間的余裕、経済的な余裕が必要になります。もし、今後の私の活動を応援してくださる物好きな方、この記事を面白いと感じてくださった方は、「モナゲする」より投げ銭(モナコイン)をよろしく御願いいたします。

(monageの詳細に関しては、下記リンク先にて記してあります。)

モナゲするMonacoinを投げる